社会不安障害になって1年目。32歳。普通の主婦。ブログをはじめるの巻

周りの目が気になって仕方ない。人と自分を比べて落ち込む。私のことは後回し、他人の考え優先!そんなことを30年間してきた結果、私は何者なのかわからなくなって頭パーーンとなってしまった私の話。

社会不安障害は治せるのか?①

どうもお久しぶりです。

 

社会不安障害と診断されて約2年が経ちました、

 

33歳主婦でWEBライターの、こみなです(^_^)

 

このブログでは、社会不安障害が発覚してから私がどんな風に生活してきたかを書いています。

 

《2年間の薬服用を経て》

この2年、私は「パキシル」という精神安定剤のような薬を毎日服用して、社会不安障害という病気と闘ってきました。

 

このブログを始めた頃は、

 

「薬の服用は1年で終わらせる」

 

と、決意して日々頑張ってきました。

 

しかし、2年経った今でも薬を飲んでいます。

 

その理由は、

 

「一生、薬を服用し続けていく」事を決めたからです。

 

「そんな事して、体に良くないよ」

 

という声があちこちから聞こえてきそうですが、私はそう決めたのです。

 

なぜか

 

それは社会不安障害という精神病と一生うまく付き合っていかなきゃいけないと感じたからです。

 

私の社会不安障害は治らない

結論から言うと、私の社会不安障害は一生治らないと思います。

 

治らないというか、この障害は私の性質というか能力というかスペックというか、

 

そんな感じだなと自分で納得したからです。

 

ポケモンで例えると、

 

【能力】:不安になる・気を遣う

【使える攻撃】:我慢する・殻に閉じこもる・自爆・ケアレスミス

【防御力】ゼロ

 

といった感じです。(意味わからなかったらすみません 笑)

 

病気とうまく付き合っていくという選択

私の中で、

 

社会不安障害を治す=普通の人の精神状態になる

 

という事でした。

 

それを目指して薬を飲み続け、

 

薬の副作用?のようなもの(だるさ、気持ちの浮き沈み)に耐えてきました。

 

でも、ある時からこの社会不安障害という病気は先ほど言ったような、私のスペックみたいなものではないかと思うようになりました。

 

そう思うようになってから私の考え方は少しづつ変わっていったのです。

 

その経緯を少しづつ語っていきたいと思います。

 

考えが変わっていった経緯

私は、薬の強さを段階的に上げていく方法で服用してきました。

 

はじめの1年間で、

 

最低限の薬の量を試してみる(3ヶ月)

→慣れたところで薬の量を増やす。

 

薬を、中くらいの量まで増やしてみる(3ヶ月)

→様子を見る

 

精神が安定しないようなので、また薬を増やす

→様子を見る(3ヶ月)

 

まだ足りないようなので薬の量をMAXまで上げてみる

→様子を見る(3ヶ月)

 

という具合にちょうど1年が過ぎました。

 

結果的に、私は薬をMAXに増やしたところで精神が安定したのです。

 

しかし、私はどうしても薬を辞めたいと考えていたので、次の一年で減薬していこうと試みました。

 

また3ヶ月ごとに、だんだん薬を減らしていったのです。

 

そして、半年後くらいに最低量の薬の量まで減らしました。

 

しかし私はこの時、毎日とても体がしんどかったのです。

 

減薬して分かった事

減薬してみて、薬を飲む前の感覚がだんだん戻ってきてしまったのです。

 

具体的には、

 

・体がだるい

・異常に疲れやすい

・変なこだわりを持ちだす

・ワケもなく不安になる

・過去の嫌な事がフラッシュバックする

・ちょっとしたことでも気になる

 

こんな感じです。

 

体の疲れ

どれくらい疲れるかと言うと、普通に友達と遊んだだけなのに、その後の2〜3日間は疲れて寝込んでしまう、というような感じ。

 

異常ですよね!汗…

 

これは人に気を遣い過ぎて、自然と脳みそを多く使い過ぎてしまい、脳が疲れ過ぎてその後たくさん寝込んでしまうのです。

 

私は会社で働いてた時も、平日の疲れで土日はほとんど疲れて寝てしまってました。

 

変なこだわりを持つ

これは精神科の先生に言われるまで分からなかったのですが、私は不安定になると黒い服を好んで着るようになります。

 

トップスだけとかじゃなくて、全身黒色になるんです。

 

何か1つの物や事に対して、強いこだわりとか執着心を持ってしまうのだと思います。

 

実は私のような精神疾患の人は、精神状態によって服の色が変わるのだそうです。

 

安定しない時は黒い色→安定したら明るい色

 

になります、不思議ですが。

 

他にも、ゾンビとか怖い系の話をYouTubeで見る事を毎日していました。

 

薬を最小限まで減薬してた頃は、やたらホラーとかスプラッタ系を好んで見てましたね。

 

薬をMAX量まで飲んでる今は、服の色は明るいものを自然に選ぶし、怖い動画も見なくなりました。

 

(もちろん怖い動画がダメと言ってるわけではありません。普通の精神状態の人は好みの問題で見る人はたくさんいます)

 

あとはワケもなく不安になったり、過去の嫌なことをしょっちゅう思い出してしまったり、やたら人の事を気にし過ぎたり…

 

そういう感覚が戻ってくるんです。

 

さて、どうするべきか。

 

ちょっと長くなったので続きはまた明日!

 

よかったら明日も見ていってくださいね(^。^)

 

ではでは!